ロゴ専門デザイナーが制作するビジネス向けロゴデザイン
ロゴ専門デザイナーのロゴ制作サービス
お役立ち情報

ロゴデザインの妥当性について

ロゴデザイン料金の妥当性

ロゴデザインの見積を取り寄せた見たら、思ったよりも高かったと思う人は少なくありません。ロゴデザインは、他のデザインに比べると1つのパーツのようにしか見えないため、簡単に制作できると思われてしまうのは仕方のない事だと思います。

ただ、実際には、ロゴの制作というモノは他の制作物よりも難しいジャンルのデザインでもあり、金額は上がりやすくなります。

ここで作り手側が苦労しているから仕方ないというのでは、作ったものに対して妥当性がないので、であれば作らない方が良いという結論になります。

何かを発注するという事は、何らかの利益を見込んでいるからこそ、もしくは、それがないと何らかの損失があるからこそ発注するのです。

ロゴデザインにおける費用対効果

ロゴデザインにおける費用対効果というモノを考えたことはありますか?

これは意外と難しいお話です。なぜなら、ロゴはあらゆるところに当たり前のように存在してるものなので、それが実際にどんな利益をもたらしているのかは気付きにくいものです。

ただ、ロゴというのは意外なところで役立っていることも多いのです。

例えば、名刺交換の際に、名刺に掲載されているロゴが、あまりにも素人っぽいロゴだった場合、名刺を受け取った側は

「この会社はロゴも発注できないくらい苦しい会社なんだ」

と解釈するかもしれません。逆にロゴのデザインがしっかりとしていて品質が高いと、ロゴをきっかけとして会話が生まれ、ロゴには事業の想いが込められているため、事業の説明もしやすくなるかもしれませんし、伝わりやすくなるかもしれません。

ロゴの素人っぽさは、素人っぽさを訴求したい時だけに必要なモノであって、それ以外の場合は、百害はあっても一利もありません。

このように、ロゴによって損失するかもしれない出来事、またはロゴによって得するかもしれない出来事

この両出来事は、どのような損失であり、どのような利益になるのかを考えることができれば、費用対効果も見えやすくなるかと思います。

例えば、名刺交換した10名のうち、1名くらいが「ロゴがいい加減すぎて会社として信用できないので取引は見合わせよう」と思われるかもしれないと思う場合、1つの取引額が20万円だった場合で
年間で100名の潜在顧客と名刺交換した場合、10名が取引ロスに繋がる可能性を持っていると考えられるので、金額として200万円の機会損失になっているかもしれません。

もちろん、仮説なので、明確なことではありませんが、もし本当にそうだとした場合、100万円で名刺をつくったとしても100万円得することになります。

ロゴデザインの相場

費用対効果を踏まえたうえで、ロゴデザインの相場感ですが、ピンキリではあるもの、上記のように、信用されるロゴデザインをしっかりと作るためには20万円程度必要になります。

なぜ、ロゴがそんなに高くなりやすいのかというと、デザイナーの多くがロゴの制作を不得意としているからです。

なぜ不得意なのかというと、ロゴというモノは制作機会が極端に少ないのです。経験の多いデザイナーでも20~30のロゴを作っていれば多い方だと思います。

他のウェブやチラシのデザインは、その3~4倍は作っているので、ウェブやチラシは効率よく作れてもロゴは非効率にしか作ることができないのです。

もちろん、お客様相手に「ロゴデザインは苦手なんです」と正直に話す人なんていないでしょう。

ただ、実際のところは「できればロゴは作りたくない」というデザイナーが非常に多いのです。苦手なモノを作るから、手間も時間もかかってしまい価格が高騰しやすくなるのです。

逆に手間もかけずに適当にしか作る事のできないデザイナーは苦労しないので、安く作ることもできるのですが、適当にしか作れないのでロゴに素人っぽさが出てしまいます。

デザインに精通していない方だと、単体でロゴを見ただけではわかりづらいと思いますが、他社のしっかりとしたロゴと横に並べて比べていただければ、そのロゴの残念さが際立ってくるかと思います。

安くてもしっかりとしたロゴを作る方法

それが当社が提供しているロゴサービスなのです。当社のロゴデザイナーは、ロゴを専門にデザインしているため、実績が600を越えます。

他のデザイナーと比べると20倍近くのロゴを制作しているのです。

そのため、他のデザイナー以上に品質も高く、さらには、他のデザイナーよりも無駄な手間がかからないので安く作ることができるのです。

もし、ロゴ制作をご検討の際には、是非、東京ロゴファクトリーまでご相談ください。

ロゴデザイン制作の納期はどのくらいか

ロゴデザインはどのくらいで納品されるのか

ロゴを制作したいと思う時には何らかのビジネスが動き始めていることが多く、気が付けばロゴが必要なタイミングまで日数があまりなくなってしまっているなんてことありませんか?

ロゴデザインなんて、あんなに小さいものなんだから1~2日あれば作れるんじゃないかと思われるかもしれません。

では、実際に、ロゴデザインがどのくらいで作成されるのかといいますと制作内容によって異なります

短納期のロゴデザインは品質に注意が必要

注意しなければならないのは、短期で納品されるものほど、簡易的な可能性が高まるため、短納期を求めて探した制作会社やフリーランスは要注意です。

実際に、ありものをそのままテキスト部分だけ変更して、流用するようなこともあります。そのような場合であれば、それこそ1~2日で納品可能になります。

もちろん、すべてが粗悪なモノだとは限りません。制作会社などが徹夜するなどの努力をした可能性もあります。

ただ、それでも、お客様とじっくりとお話をすることなく作られたロゴが品質の良いものかどうかは疑問が残ります。

一般的には2週間~1か月程度

多くの場合、ロゴの制作期間は2週間~1か月程度です。スムーズに且つスピーディーに進めても2週間くらいが早い方です。

一般的な工程として、まずはヒアリングを行います。即時アポイントを取り、打ち合わせを行わせていただくとしても翌日以降になるコトが多いでしょう。

ヒアリングで内容を確認させていただき、御見積もりを当日または翌日に発行し、ご了承の返答をいただくのでまたは1日を経過させたとしたら

それだけでも3日経過します。

そこからラフ案を作成するのおよそ5~7日程度。ヒアリングの内容から色々な方向性でロゴ案を検討します。その企業や事業にとって、その想いをカタチにしたときに、どのような伝わり方をすべきか、いくつものラフ案を書きなぐりながら模索します。

ラフ案を確認後、意見のやり取りをするとまた3日程度、そこから清書としてロゴを仕上げて3日程度。

この時点でほぼ2週間です。清書されたロゴに対して、修正などが無ければ、これで納品となります。もう少し調整を加えてく場合などは、さらに期間が延びていきます。

このように、最速で対応していってもおよそ2週間程度は必要になります。これをさらにじっくりと進めていくとなると1か月程度見ておく方が安全と言えるでしょう。

制作期間を短くするというのは、上記の流れの中で何かが欠けることを意味します。

多くの制作会社がラフ案を無視します。最初から清書することでコストと期間を短くするのです。

しっかりとご納得いただけるロゴを提供します

当社は、工程を省くことなく、お客様にしっかりと納得していただけるロゴをご提供させていただきます。

ロゴは企業や事業における顔です。

「あれ?こんなロゴでいいんだっけ?」

なんて思ってしまうロゴでビジネスを続けていけるでしょうか?

だからこそ、当社はしっかりとヒアリングさせていただき、考えをしっかりと受け止め、ラフ案をご提示させていただき、お客様とのイメージ共有をじっくり行いながら

最後に仕上げる形で清書を行い、そこでもお客様のこだわりを存分に組み込ませていただきます。

是非、ビジネスに使用するしっかりとしたロゴをお求めの場合は是非当社までご相談ください。

無料でロゴが作れる!ロゴジェネレーター厳選6サイト

昨今では無料でロゴを制作するコトのできるロゴジェネレーターというものがあります。
ロゴジェネレーターは1種類ではなく、世の中にいくつも存在していますが、本件では、その中でも厳選した6サイトをご紹介します。
但し、ロゴには無料で制作して良いものと、無料で制作してはいけないロゴもあります。
無料で作るべきものと有料で作るべきもの線引きに関してはコチラの記事をご参照ください。

上記を踏まえたうえで、無料ロゴ制作が可能なロゴジェネレーターをご紹介させていただきます。

本記事では、各ロゴジェネレーターを

簡易性:簡単にロゴを制作できるかどうか?
デザイン性:良いデザインが作りやすくできているか?
カスタマイズ性:自由にロゴを表現できるか?

という観点から5つ星を最高評価として、当社の独断と偏見により評価しております。
参考にしていただければと思います。

オンラインロゴメーカー

アイコンや記号、イラストが豊富なのでシンボルロゴが作りやすいロゴジェネレーターという印象です。
キャンパスに対して、パワーポイント感覚で自由に文字やアイコンを配置できるので、直感的に自分の作りたいものが作れる感覚があります。
但し、日本語入力の時に、フォームの中にうまく入力できない事があるので、テキストファイルか何かに書きたい文字を書いてから、それをコピーしてフォーム内に貼り付ける方が上手くいくかもしれません。
あと、アイコンや記号やイラストが非常に豊富なのは良いのですが、結構クセの強いものが多いので、ロゴ自体もクセの強いものに仕上がってしまいがちです。
上手く作るコツとしては、あまり複雑なイラストなどをあまり使用せずにシンプルな図形などを組み合わせていく方がそれらしいものが作れるかもしれません。

  • 簡易性:★☆☆☆☆
  • デザイン性:★★★☆☆
  • カスタマイズ性:★★★★☆

ロゴファクトリー

少な目ではありますが、アイコンなども用意されているためシンボルロゴも作成可能です。
パワーポイントのようにキャンパスに自由に配置して制作できるうえに、キャンパスにグリッドもついているので、縦横のラインが合わせやすく整ったロゴが作りやすくなっています。
デフォルト時が既にそれっぽいロゴになっているので、比較的安易にロゴの制作を進めやすいとは思いますが、逆に、その印象に引っ張られてしまって、独創性は欠いてしまうという懸念はあります。
アイコンの色味が少し煩雑なモノだと、文字が見えにくくなってしまうので、アイコン選びと文字色選びにはコツが必要かと思います。

  • 簡易性:★★☆☆☆
  • デザイン性:★★★☆☆
  • カスタマイズ性:★★★☆☆

ロゴタイプメーカー

ロゴ制作を行うためにアカウント登録が必須です。但し、Googleアカウントでも登録できるので、登録に手間はかかりません。メールなどが届く事を嫌がる場合は不向きかもしれません。
最初にロゴ名を入れるといくつかの候補が表示されるところからスタートできるので、簡易的にロゴを作成していけると言えます。他のロゴジェネレーターと少し異なるのは
アイコンが少し分解出来たり調整出来たりするところです。但し、アイコンは1つのロゴに対して1つしか設定できないというのが残念なところ。
アイコンを分解して複数のアイコンを組み合わせることができればもっと煩雑なものも作りやすいように思いますが、そのあたりが惜しい。
さらにアイコンの選択肢も他に比べると少なめです。

  • 簡易性:★★★☆☆
  • デザイン性:★★☆☆☆
  • カスタマイズ性:★★★★☆

フレーミングテキスト

超簡易的にロゴを制作したいという方向けのロゴジェネレーターだと言えます。
ロゴ名を入れるだけで、ロゴタイプがいくつか表示されます。但し、生成されるロゴが全てにおいてチープです。
まるでエクセルやパワーポイントで文字の装飾をしただけのようなものが出来上がります。
これを本当にロゴジェネレーターと呼んで良いものかどうか悩ましいところではありますが、簡易性は非常に高いと言えます。

  • 簡易性:★★★★☆
  • デザイン性:☆☆☆☆☆
  • カスタマイズ性:★★☆☆☆

無料ロゴ作成.com

国産ロゴジェネレーターです。ロゴタイプのみで、アイコンなどを複合させたシンボルロゴやロゴマークは作成することはできません。
基本的には入力した文字を歪ませたりすることでロゴっぽくみせるようになっています。
歪みなどは数値単位で設定可能なのですが、いくつかの設定項目があり、バランスをとりながら数値をあわせていくのが非常に難しいかと思います。
こういうロゴが欲しいと考えている場合はもしかするとマッチするかもしれませんがかなりニッチなロゴジェネレーターだと思います。

  • 簡易性:☆☆☆☆☆
  • デザイン性:★☆☆☆☆
  • カスタマイズ性:★★☆☆☆

Wixロゴメーカー

簡易的にWebサイトを制作するコトができるWixのロゴメーカーサービスです。
ロゴ名を入力し、その後にいくつか表示される質問に答えていくだけで、自分好みのロゴ候補がいくつか表示されるはずなのですが
その段階で、納得できるようなロゴが見つかる人はほとんどいないかと思います。
但し、その後にロゴをカスタマイズしていくとが可能なので、出来る限り希望に近いロゴを選択して、ゴリゴリと調整をしていけば、希望に近いロゴができるかもしれません。
アイコンも変更可能で、アイコン数も豊富です。但し、カスタマイズが直感的ではなく、操作がちょっと面倒かもしれません。

  • 簡易性:★★★★☆
  • デザイン性:★★☆☆☆
  • カスタマイズ性:★★☆☆☆

以上、無料でロゴが作れる!ロゴジェネレーター厳選6サイトでした。

無料のロゴデザインのデメリットって何?ロゴデザインのホントのところ

昨今では、ロゴジェネレーターなるもので、簡単に、しかも無料でロゴを生成できる時代です。
いくつかの選択肢に応えていくだけでロゴが出来上がるので使い勝手の非常に良いものだと思います。
そんなに便利なロゴジェネレーターが存在しているのに、なぜわざわざお金を払ってロゴを制作してもらう人がいなくならないのか。

今回は、無料のロゴデザインで良いこと悪いことをお話していきます。

無料のロゴデザインで何が悪い?

そもそもロゴってどんな役割を果たすのかというと
その企業のブランディングを行うために必要なアイテムの一つです。
そのため

ロゴの品質が低いとビジネスの取引上、信用されにくくなることがある

のです。だからこそ、多くの企業がシンプルに見えて、しっかりと考えられたロゴを使用しています。
そして、そのすべてのロゴがロゴジェネレーターで作られたものではありません。

「ロゴを有料で作れるくらい儲かっている企業だからでしょ?」

って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ロゴを作るのは儲かる前のお話です。
資金が潤沢にない段階でもロゴはしっかりと作られています。

なぜ、しっかりとロゴを作るのかというと、それが企業としての重要なブランディングであり、
ビジネス上の取引の信頼を左右するからです。

それに対して、ロゴジェネレーターでは、品質の高いロゴを作ることができません。
後述しますが、これはロゴジェネレーターでは不可能なのです。

では、ロゴジェネレーターで作られた無料のロゴはすべてダメなのか?

というとそういうわけでもありません。

信用やブランドのあまり関係ないロゴなら無料でも全然大丈夫!
例えば、学校のクラブ活動などに使用するロゴや、趣味などで作ったスポーツチームのロゴなどです。
これらはビジネスに繋がる可能性が低いのでロゴジェネレーターのロゴでも十分かと思います。

もし、これらのようなロゴを希望される場合はコチラの記事をご参照ください。

よくある失敗事例として
「今は予算がないからとりあえず無料のロゴを」
という方もいるのですが、ロゴのリニューアルというのは、非常に面倒なことになることを
予め理解しておく必要があります。

後からリニューアルしようとすると以下のような面倒事があります。
・ウェブサイトの修正(またはリニューアル)
・名刺のリデザインおよび再印刷
・見積書や請求書などのドキュメントのフォーマットの修正
・看板やプレートの再制作
私が知る限り、これらをすべて対応することになると、かなりの労力と費用がそれなりにかかるので
最初からしっかりとロゴを作っておけば良かったと思うことになります。

なぜ無料のロゴは品質が低いのか

では、なぜロゴジェネレーターでは品質の高いロゴを作ることができないのかをご説明していきます。

ロゴジェネレーターというのは、一般的には、組み込みたいと思っているテキストを入力して
ロゴのタイプや内容を選択肢の中から選び、色などを選択して作っていくものです。

これでは質の高いロゴを作ることは不可能だと断言できます。
なぜなら、上記のような作り方では以下の問題にあたってしまうからです。

デザインセンスの問題

クラブ活動や趣味レベルのロゴであれば、自己満足で良いのでも良いので、自分さえ良いと思っていればそれで良いと思います。
しかし、ビジネス上のロゴの場合はブランディングを担うため、他社から見たロゴのセンスが問われます。
どんなロゴが良いのかという判断を、デザイナーではない人がゼロから作っていったモノは、結局は自己満足の範囲に留まってしまうのです。
デザイナーが作るものは、デザイナーが良いと思っているものではありません。
関係する人がそのロゴから何かを感じ取ってくれるブランディングされたロゴを制作しています。
そういうノウハウの差があるため、ロゴジェネレーターで作る場合でも非常に高いセンスが求められます。

意味づけが弱すぎる

ロゴジェネレーターはあくまで選択型なので、イメージに近しいものを選んでいるに過ぎません。
ロゴジェネレーターで作られたロゴは「なんとなく」という感覚で作られており、ロゴデザインとは「なんとなく」で作るものではなく、そのデザイン要素の一つ一つにしっかりとしたデザイン理由があるのです。

ロゴデザインの事例を上げますと

シンボルロゴの事例

こちらのシンボルロゴはLab-ry WorksというWEB制作をメインとした企業のシンボルロゴデザインです。
Lab-ry Worksには、WEBというデジタルコンテンツを画面の中の世界だけに留めず、実際に、お店に人が訪れるようになったり、お問い合わせが増えたり、売上増加につながるような実世界への影響を与えていきたいという意思と、WEBによって企業を成長させていきたいという意思を持っています。
そのため、シンボルロゴはその想いを、デザインとしてシンプルな形に作り上げ、成長を意味する木をモチーフとし、■をデジタル、●をアナログ(実世界)として組み合わせて作り上げています。さらにはその芯となる木の幹をLab-ry Worksの「L」を表すような形にすることで、Lab-ry Worksが事業目的とする考えをシンボルロゴに詰め込んでいるのです。

一見、シンプルに見えるシンボルロゴですが、しっかりとした意味が詰まっています。
言われなければわからないものかもしれませんが、

それが言える事こそがロゴを作る意味でありブランディングなのです。

この意味づけに関しては、無料に限らず、安価なロゴデザインは同様の品質になりやすくなります。
なぜなら、ロゴデザインを安価に提供できる理由は、考えずにそれっぽいものを作るからです。

ロゴを安価にするくらいならWEBを安価にする

上記でも記載した通り、ロゴは名刺やチラシなどの印刷物にも使用されるため、リニューアルをしようとすると費用が掛かりやすくなります。
そのため、安易に作ってしまって展開してからでは後の祭りです。
とはいえ、事業の立ち上げには色々と費用が掛かるというのも事実で、少しでもコスト削減を行おうとすると
どうしてもロゴに費用を出せないという事も多いかと思います。

当社の考えとしては、ロゴをおろそかにするくらいならWEBを一時的に安価にする方がお勧めです。
WEBなら例えリニューアルをしてもWEBの範囲内で済ませることができます。
ロゴをリニューアルしても、ロゴのデザインによって、サイトもリニューアルをしなければならないケースが多いことを考えると
どうせリニューアルをするならWEBを安価にしておいて、後にWEBのみをリニューアルする方が被害は少ないと考えられます。

サイトの場合は、最初に小さく作って、じっくりと育てていく(拡張していく)という事も可能です。
コチラのように安価にWEBを制作してくれる会社もあります。

ロゴを安価にするくらいならWEBを安価にすることをお勧めします。

まとめ

趣味や遊びのレベル感であれば無料のロゴでも十分です。
ビジネスで使用するロゴの場合、ロゴデザインの意味づけがしっかりできるロゴデザイナーが作成したロゴデザインでないと
信用を落とす可能性が高いため、無料での制作をお勧めできません。
もし、ロゴに費用をかける予算がないのであれば、WEB制作の費用を削る方が、ロゴ費用を削るよりは得策だと言えます。

ロゴデザイン制作の費用と相場【2021年保存版】

ロゴデザイン制作費用の相場について

会社の企業やリブランディングの際にロゴの制作が必要になりますが、実際にロゴを発注するときにどこに発注すればよいのか?相場感はどのくらいなのか?というところは気になるところですよね。

今回は、ロゴデザインの制作を依頼する際に目安にしていただくための制作費用の相場感のお話をさせていただきます。

ロゴデザイン制作費用の一般的な相場について

実はロゴデザイン制作料金の相場というのは、はっきりと言い切れるものがなく、1万円で制作する人もいれば、100万円以上かかるようなケースもあります。

では、実際に費用別の主な品質と対応内容についてお話していきましょう。

但し、本相場感に対する見解は、実際に当社が発注者側の立場としての経験に基づいたものです。それが一般的なモノかどうかという物差しは無いため、あくまで一例として受け止めていただければと思います。

まずは簡単にまとめた一覧表をご覧ください。

ロゴデザイン制作費用一覧表

制作費用感 制作者 特徴
無料 自作 キーワードを入力することで自動で無料作成ダウンロードできるツールがあります。模倣的(テンプレート的)なモノが多く他社と全く同じロゴになってしまう事もあるので注意が必要です。
1~3万円 見習いデザイナー クラウドソーシングなどを通じて「安かろう・悪かろう」と言えるようなデザインが多く、素人のようなデザインになったり、取引トラブルなども。
3~8万円 フリーランス
デザイナー
まだ経験の浅いフリーランスのデザイナーが作成。安価な一方、経験が浅いため、考えの浅いそれっぽいデザインレベル。
8~15万円

フリーランス
デザイナー

印刷物などに精通しているデザイナーなので、それなりの品質だが、ロゴデザインは印刷物デザインやWEBデザインとは別物であることから、「?」と思うようなデザインになることも。
15~30万円 デザイン会社の
デザイナー
会社だと、品質担保をしてもらうことができるが、社内の新人デザイナーに担当されると品質が落ちる可能性も。
30~50万円 デザイン会社の
デザイナー
ロゴ以外にもロゴレギュレーションを用意してもらえるようになります。但し、制作費用が高くなりやすいのがデメリット。
50~100万円 敏腕 or 有名
デザイナー
CIデザインも含めたトータル的なデザインをしてもらえることも。大規模な企業では、この価格感でロゴを制作するコトが多い。

見ていただくとわかる通り、その費用によって、品質が変わっているのですが、多くの方がピンクのエリアを希望されやすいというのが長年受託制作を経験している当社の見解です。費用感としては15万円くらいで作りたいのに、ビジネスシーンで使用できる品質の高いロゴに仕上げてほしいと願う事にギャップがあり、制作時の課題となりやすくなります。

続けて、各金額毎の特徴についてもっと詳細にお話をさせていただきます。

無料のロゴデザイン

まず無料のロゴデザインの場合は、誰かに制作してもらうという事ではなく、ロゴを自動で生成してくれるロゴジェネレーターというものを利用して、簡易的に作成する前提となります。
ロゴジェネレーターにも無料のモノから有料のモノがあり、無料の場合は、パワーポイントでテキストを並べたようなモノしか作れないと思って間違いないと思います。
または、決まったデザインに対して文字だけ変更して、いかにも自社のロゴのように装うというやり方になります。
目的によってはロゴを無料で作る事自体には問題ないかと思いますが、目的を誤ると大失敗してしまうので注意が必要です。

ロゴジェネレーターに関してはこちらの記事にまとめてありますのでご参照ください。

1万円~3万円のロゴデザイン

主にクラウドソーシングなどで発注するとこのくらいの金額でロゴの制作を請け負ってもらうことができます。

一般的にクラウドソーシングの場合は安く発注ができるので、ロゴに関しても非常に低価格で提案してもらうことが可能です。

非常に安いので、学生が趣味でサークルを立ち上げる程度であれば、こういったクラウドソーシングを利用するのも良いかと思います。

但し、一般的な会社がクラウドソーシングで発注をする場合にはそれなりの覚悟とリスクを検討する必要があります。

巷ではクラウドソーシングに発注する企業は「セコイ」と思われがちです。もちろん、発注したことを口外しなければ実際にクラウドソーシングで制作してもらったものなのかどうかというのはわからないはずなのです。しかし、クラウドソーシングで発注する場合のリスクとして、活動しているデザイナーの質の問題があります。クラウドソーシングで仕事を得ようとしているデザイナーというのは制作業界の中では、普通に制作を発注してもらう事のできないデザイナーです。なぜ普通に制作を発注してもらえないのかというと質の低いデザインしか提供できなかったり、当たり前の仕事ができないようなデザイナーが多く存在しているのも事実で、故に、クラウドソーシングで仕事をしたことを公言したがるデザイナーも多く存在します。こっそりとクラウドソーシングで制作したつもりでも、知らない間にSNSで公言されていたり、そもそも、質の低いデザインが上がってくる可能性というモノを加味しなければいけません。

踏まえたうえでも、お勧めできる範囲は、ブランドを気にする必要のない学生の趣味サークルのロゴを制作する程度がおススメです。

3万円~8万円のロゴデザイン

主にフリーランスへ発注するとこのくらいの金額で請け負ってもらえるケースが増えてきます。ある程度、デザインを仕事にしているデザイナーが制作します。

但し、上記の金額で制作するデザイナーはロゴの制作経験が少ないデザイナーであるケースが多いです。

場合によっては、ロゴ制作は未経験という場合があります。

一般の方から見れば、デザイナーであればロゴもデザインできると思われがちですが、デザイナーでも

WEBデザイン > 印刷物のデザイン > ロゴのデザイン > 商品のデザイン

という具合に、対応できるデザイナーの人口は少なくなってきます。

このようにロゴデザインができるデザイナーは限られているのですが、WEBデザインしかできないフリーランスに

「ロゴのデザインを制作できないですか?」

と投げかければ、ほぼ100%と言えるくらいに

「できます」

と返答します。WEBデザイナーにとってはロゴデザインの制作経験のチャンスなので、ロゴ制作のまねごとでロゴを制作して、自分の制作実績にしたいのです。

とは言え、腐ってもデザイナーなので、それっぽいものは制作してもらうことができます。

あまりブランド戦略などの関係なく、ロゴなんてそれっぽいもので良いと思われるようであれば、上記のような安いフリーランスに発注するというのも手段かと思います。

8万円~15万円のロゴデザイン

このくらいの金額であれば、普通にロゴ制作を依頼できるようになってきます。上記まではデザイン案も1点が一般的ですが、このあたりから、ラフ案くらいであれば2案くらい提示してもらえるケースもあります。

但し、それでもフリーランスに限られてきます。デザイン事務所やデザイン会社では、なかなかこの金額では請け負ってもらうことはできません。

フリーランスに発注する場合、中堅クラスのデザイナーにも発注可能になります。但し、数案を制作して見比べたり、修正制限があったりと、条件がついてきてしまうのが実状です。

中堅クラスデザイナーではあるものの、上記の金額感では、ロゴの制作実績が豊富であるかどうかで言えば、それほど豊富だとは言い難いところです。

多くても30点程度の実績です。それでも、デザイナーとしての品質が高まるので、良いデザインが生まれやすくなります。

但し、フリーランスデザイナーの選定というのは非常に難しく、そもそもフリーランスを探すこと自体が難点です。

上記のような中堅クラスのデザイナーであれば、仕事は自然と入ってくるので、どこかのフリーランスサイトなどに登録などをする必要もないですし(そもそもそういったところに登録するフリーランスというのは仕事のないフリーランスなので)、外部に対して強くアピールする必要もないので、一般の方がそのクラスのデザイナーを見つけるというのは非常に難しいと言えるでしょう。

15万円~30万円のロゴデザイン

このあたりになると、小規模なデザイン会社であれば請け負うことができるようになってきます。

デザイン会社の良いところは、複数のデザイナーが存在している事と、デザインを管理している方がいる事です。

例えば、フリーランスに発注する場合、作業者もその人のみですし、その良し悪しを判断するのもそのフリーランスになってしまいます。

それに対して、デザイン制作会社に発注すると、ロゴを制作する人と別に、その良し悪しを判断するチーフデザイナーが存在しているケースが増えてきます。

さらに、デザイン制作会社の常識的な範疇として、ロゴのラフデザイン提案時に2~3案のデザインを見せてもらうことができます。

発注して、1点しか上がってこないような場合は、その1点が気に入らなくても、作り直すのには追加費用が発生することも多いので、最初からラフの段階で2~3案を選ばせてもらえるのは非常に大きなメリットです。

デザイン制作会社の場合は、ネット上でも会社を探しやすいので、発注もしやすいと言えます。

但し、デザイン制作会社であってもロゴ制作の経験が豊富かどうかというのは怪しいところで、実際にロゴ制作をしたことのない制作会社もあります。

発注する場合には、制作実績と、制作事例数をしっかりと確認することをお勧めします。

30万円~50万円のロゴデザイン

この金額感であれば、ある程度大きなデザイン会社であっても発注できるようになります。

当然のように数案のデザインを提案してもらえるようになりますし、ロゴデザインと合わせてロゴレギュレーションも納品してもらえるようになってきます。

ロゴレギュレーションとは、ロゴの使用ルールを指します。例えば、背景が黒の時にはどのようにロゴを扱わなければいけないのか?

ロゴの周りには最低でもどのくらいの余白をつけなければいけないのか?印刷時のカラーコードは?WEB上でのカラーコードは?

ロゴの背景に入れてはいけない色は?写真は?などなど、ロゴの使用ルールを決めておくことで、印刷物やWEBを制作する際に、ロゴの品質をしっかりと保つことができます。

逆にロゴレギュレーションを作っていないと、なんとなくでロゴを扱われてしまって、ロゴの品質を下げてしまうことがあります。

但し、やはり高価になってしまうというのが唯一のデメリットになります。この規模での制作を行う場合には、関連する名刺やショップカード、封筒なども同時に制作するコトもあるので、全ての費用を合わせると思いのほか高値になります。

50万円~100万円のロゴデザイン

この金額感は、ほぼ確実に有名なデザイナーによるロゴマークのデザインを作成した場合です。

または広告代理店などを通すと、仲介費用なども踏まえて上記のような金額になることがあります。

このクラスは世界的なアピールが必要なケースになるので、国立美術館やオリンピックなど、そういったロゴのデザイン制作で、且つ、そのようなデザインは、広告代理店などを通すのが一般的なので、更に費用も上乗せされることが多くなります。

このくらいの費用でロゴ制作をすることは非常に少ないと言えます。

どうでしょうか?

金額感によって様々なロゴ制作事情があります。ロゴデザインは作り直すことになると、名刺やWEBなど様々なところに影響を与えてしまうため、作り直しには相当な覚悟が必要です。

そのためにも作り直さなくて良いロゴデザインをしっかりと発注することをお勧めします。

15万円で制作実績が600を越えるロゴデザイナーが制作するロゴデザイン

当社は、今までにいくつもロゴデザインの制作を発注する中で、ロゴデザインに妥協はしたくないけど、出来る限り安価に抑える方法はないかと考えていました。

そんな中で、ロゴ専門デザイナーと繋がることができ、本プロジェクトが生まれました。

当社のロゴ専門デザイナーは、ロゴデザインに特化したデザイナーです。制作実績はWEB上では非公開にしなければならない案件も含めて600を越えます。

そんな実績豊富なロゴデザイナーのデザインを15万円~でご提供できるようになりました。

ロゴをご検討の場合は、是非、当社へご相談ください。

入念なヒアリングと的確なアドバイスをはじめ、お客様にとって唯一無二の誇れるロゴデザインをご提供させていただきます。

ロゴ制作に関するご相談はこちら

1 2 3 4