ロゴ専門デザイナーが制作するビジネス向けロゴデザイン
ロゴ専門デザイナーのロゴ制作サービス
お役立ち情報

優しい印象のロゴデザイン事例集

優しい印象を与えるロゴの利用傾向

優しい印象のロゴは

利用されている業界や職業

優しい印象のロゴデザインは、病院(歯科医院、産婦人科、整形外科、小児科)やマッサージ・エステ、鍼灸整骨院、美容院、雑貨店、幼稚園・保育園など、主な閲覧者が女性であったり、癒しをテーマにしているところで利用されていることが多いようです。

ロゴに込められた想いや役割

優しい印象を与えるロゴなので、顧客を「癒したい」という気持ちがロゴに込められている事が多いようです。他にも雑貨店や幼稚園・保育園のように「楽しませたい」という気持ちを込める場合もあるようです。

ロゴ制作事例集

癒しを訴求した優しいロゴデザイン

接骨院のロゴなので、治療としての温かさや癒しを感じさせるデザインになっています。温かい色合いと丸みのあるフォルムが優しい印象を演出しています。

自然を訴求した優しいロゴデザイン

農業と太陽光発電を組み合わせた事業会社のロゴデザインのため、自然の温かさを優しい印象で伝えています。

和をベースに健康を加味した優しいロゴデザイン

お茶の製造販売を行う会社のため、自然と食を温かく優しいイメージで制作しています。

相談しやすい優しさを表現したロゴデザイン

不動産ポータルサイトのロゴで、家を通じて幸せになってもらう事を伝えるために、笑顔を印象づけた優しいイメージのロゴになっています。

リラックスという優しさを表現したロゴデザイン

女性用アパレルブランドのロゴでおしゃれでリラックスした印象に仕上げるために名称の花をカタチ取りながらも文字の丸みや色合いで優しい印象に仕上げています。

発注時のポイント

優しい印象のロゴデザインは、多様なジャンルにも対応できてしまうため、お客様に真摯に向き合おうとすればするほどやさしい印象にしたくはなるのですが、実際にビジネスの特徴としたときに必ずしも優しい印象にすべきかはしっかりと考えていく必要があります。

優しいという印象の与え方にも色々なやり方があるので、是非、ロゴを制作する際にはデザイナーに相談して、正しい方向性のデザインを制作するようにしましょう。

フリーランスにロゴデザインを発注して失敗した事例集

フリーランスにロゴデザインを発注して失敗した事例集

ロゴ制作発注の失敗事例

当社がロゴ制作のご相談を受ける際に、他のところでロゴを制作してもらったけど、うまくいかなかったため、当社にご相談いただくというケースは少なくありません。そのくらい、ロゴ制作の際に失敗することは多いようです。

特にフリーランスに発注するときには注意が必要そうなので、本記事では、当社がお話として伺ったことのある事例を、内容が特定できない程度に情報を砕かせていただき、事例としてお伝えさせていただければと思います。

本記事を読まれた方が、このような失敗をされない事を心より願っております。

修正を受け付けてもらえなかった

ロゴのデザインをしてもらうのにあたり、打ち合わせをさせてもらって、概ね方針がまとまったので、そのまま発注させてもらいデザインしてもらいました。
数日後、デザインが上がってきたのですが、意図するところと少しずれているところがあったので修正をお願いしたところ
「修正は追加費用です」
と言われました。仕方なく追加費用で修正をお願いしたのですが、また上がってきたデザインが少しずれていて修正を依頼したら、それも追加費用と言われてしまいました。
「指示通りに修正は行っている」
と主張されてしまったのですが、見てみないとわからないところもあり、その度に追加費用をとられてしまうと膨大な費用になると思い、その段階で作業を打ち切らせていただきました。
そこまでの費用はもったいないと思いますが、続けても良いものができる気がしませんでした。

当社の見解初期提示の費用が安いとこういう費用の取り方をする制作会社やフリーランスは存在します。一般的には、修正は〇回までというような形で取り決めをしている制作会社やフリーランスが多いです。明示していないところは、普通なら、数回の修正を許容して、あまりにも修正が多い場合は相談されるというのが一般的なのですが、上記の場合は、そういうことでもないようなので、発注先を失敗したとしか言えなそうです。
このようなことがないようにするためには、事前に、修正回数や修正に対する対応についても話を詰めておく必要があるかと思います。
例えばスケジュールを提示してもらったり、工程を提示してもらう中で「確認」と「修正」という工程がなかった場合は、どうなっているのかを確認すると良いかと思います。

ひどい品質のデザインが出てきて絶句した

WEBの制作をお願いしていたのですが、ロゴデザインも必要と考え、WEBの制作を行ってもらっていたデザイナーさんにロゴの制作が可能か確認したところ、制作できると言うので発注しました。
数日後、ロゴのデザインとして画像が届いたのですが、競合他社と比較して、とても見劣りするデザインが上がってきてしまいました。
競合他社を例に挙げて「もう少しクオリティを上げてほしい」とデザイナーにお話ししたところ、「安く作っているのでこの品質が限界」という返答を受けてしまいました。
もうどうすることもできないため、諦めてそのデザインを利用しましたが、非常に残念な思いだけが残りました。

当社の見解一般的にロゴデザイナーがロゴまでデザインできるというケースは非常に少ないです。もし発注する際は、事例などを確認しておく方が良かったと言えます。
事例も、4,5点だけでは判断できません。その4,5点は偶然上手く作れたものかもしれません。または評判の良かったものだけかもしれません。
そのデザイナーがどのくらいロゴを制作したことがあるのかをしっかりと把握して、制作実績が多い場合は、それだけのバリエーションを制作できるという事なので信頼しても良いのではないかと思います。

事前に聞いてもいない高額請求をされた

フリーランスのデザイナーにロゴデザインの制作の御見積もりをお願いしたところ、予算の範囲内でしたので、そのフリーランスの方にロゴの制作をお願いしました。ロゴデザイナーの方から初稿をいただき、何度かの修正のやり取りを終えて、納得のできるロゴが完成したので、データを納品してもらって、最後に請求書をいただいたのですが、見積もりの1.5倍近くの金額になっていました。
デザイナーの方に質問したところ「修正料金を加算しています」という事でした。修正の際にはそんな話は一切なかったし契約書にもなかったのですが、予算を越えてしまいましたが、渋々、全額をお支払することになりました。せっかく納得のできるロゴを制作してもらえたと思ったのに、嫌な思い出になってしまい、ロゴを見ると嫌な気分になってしまいます。

当社の見解どこにも追加費用に関する掲載もなく、事前に話ももらっていなかったのであれば、追加費用に関しては払わなくても良かったかとも思います。事前に何の連絡もなく請求書の金額だけを上げて請求するのは常識として考えられる事ではありません。
最後にお金で揉めるのは気持ちよくはないかもしれませんが、言われてもいない金額を支払う義務はないかと思います。

制作したロゴが実はコピー作品だった

先日、経営している飲食店のロゴを制作してもらったのですが、すぐに気に入って修正もお願いすることなくロゴを納品してもらいました。
ロゴ自体には非常に満足していました。
数か月した後に、知り合いから、似たロゴがあると言ってホームページのアドレスが送られてきたのですが、当店のほぼ同じロゴでした。店名のところだけが違うだけで他はそのまま同じものでした。
急いでデザイナーさんに連絡をしたところ「ウチはそういう作り方です」と言われました。
それではロゴ依頼した意味がまったくないと思いましたが、その方と話しても無駄だと思い諦めました。

当社の見解ロゴデザインをゼロから作る人と、過去のデザインをテンプレートにして使いまして、安く販売する人がいます。
本来であればロゴデザインというのは、ヒアリングの中で顧客のビジネスの意図を汲み取りながら唯一無二の作品を作るのが当たり前です。
ただ、このやり方は時間がかかるため費用も掛かります。費用を掛けないようにすれば何らかのリスクは負いやすくなってしまうというのが実状です。

制作の途中で連絡が取れなくなった

起業することになり、ロゴの制作をフリーのデザイナーにお願いしました。ロゴの制作をお願いして、納品日を踏まえた上で、他の制作会社にウェブサイトとパンフレットを依頼していたのですが、いつまでたってもロゴが上がってこないので、連絡をしたのですが、全く捕まりませんでした。
結局、そのまま1週間が過ぎてしまい、ロゴの遅延のせいで、ウェブサイトもパンフレットも遅延してしまい、起業後の活動に大きな穴をあけてしまいました。依頼したまま連絡が取れなくなるなんてあるのだと衝撃的でした。

当社の見解こういう事がフリーランスを利用する事のリスクだったりもします。特にクラウドソーシングなどを利用するといい加減な方もいるようなので、連絡が取れなくなることがないにしても、途中で放棄されてしまったという事も聞いた事があります。
フリーランスにお願いする場合も、そのフリーランスのホームページが存在しているか、そのホームページに住所が記載されているか、1年以内に更新されている形跡があるか(ブログやお知らせなどが更新されているか)などを確認しておく方が良いかと思います。

JPG以外で納品してもらえない

ロゴ制作を依頼するのは初めてでしたが、若い頃に少しだけデザインをかじったことがあったので、依頼後のやり取りなどは比較的スムーズに行えました。問題は最後の納品の時で、ロゴの納品はJPGデータのみで他の形式での納品を一切行ってもらえなかったので、名刺やウェブでも活用できるように、illustratorのデータやpngなどの画像でも納品してほしいという旨を伝えたら、著作権はデザイナーにあるとして、調整可能なデータを渡すことはできないと言われてしまいました。ロゴを制作してもらっているのだから、活用できなければ意味がない事くらいわかっていると思うのですが、これって普通の事なのでしょうか?

当社の見解著作権に関しては譲渡しないというケースもあります。それが理由かどうかは別としてもillustratorのデータを渡さないというケースもゼロではありません。仮に引き渡す場合には別途費用を請求するようなケースもあるので、そのあたりは納品形式を事前に確認しておく方が良かったと言えます。
とは言え、pngは最低でも納品されるべきデータであることは一般的かと思います。

失敗しないための心得

以上のように、当社にはロゴ制作における失敗相談がたくさん届きます。これもほんの一部の紹介に過ぎません。
上記の失敗談を踏まえまして、失敗しないための心得をまとめさせていただきます。

安かろうは、悪かろう

必ずしも安いものが悪いというわけでもないのですが、安くするためには安くするための仕組みが存在します。何の理由もなく安くしている人はただの自己犠牲なので、そもそも自己犠牲で仕事をしている人も信用して良いものかと思います。
ある程度の費用感は覚悟しましょう。中途半端に安さを求めた結果、何の結果にもならないものが出来上がってしまったら、結局は、またどこかで作り直さなければいけなくなるので、結果的には更に費用がかかってしまうことになってしまいます。

安いという事は良いことです。ただ、なぜ安いのか、安くてもしっかりと品質は担保されるのか、求めるものをしっかりと作り上げてくれるのか、そういう実績をしっかりと持っている人なのか、しっかりとジャッジする必要があります。

会って話をしよう

出来る限り、デザイナーには会ってお話をしましょう。特にヒアリングのタイミングではしっかりと会って話を聞いてもらうのがベストです。お住いの地域の問題で、自分の済んでいるところの身の回りで会えるデザイナーを探してしまうと、デザイナーを選べなくなってしまうという場合は、せめてしっかりと電話などでお話するようにしましょう。昨今では、テレビ電話などもパソコンや携帯電話を通じて簡単に行えるようになっています。相手を見て、相手の声を聴いてやり取りすることで、その相手が信頼できる人なのかどうかが良く見えてきます。
発注前に必ず相手と話をして、相手の話し方などをしっかりと観察しながら信頼して良い相手なのかを見極めるようにしましょう。

わからない事は質問しよう

相手が全てを話してくれるのがベストだとは思いますが、デザイナーの常識感と一般の人の常識感には少しズレがある場合があります。
一般の方が、このくらいの事はしてくれるだろうと思っている事でも、デザイナーからすると非常識な事だったりする場合もありますし、デザイナーからすると当たり前の事でも、一般の方からすれば知らない事もあります。
そういったすれ違いが起こらないように、わからない事は何でも聞くようにしましょう。
たくさん質問して、それに真摯に答えてくれないデザイナーはそもそも発注対象から除外して良いかと思います。

いかがでしょうか?お役に立てましたでしょうか?

もし、ロゴの事でお困りでしたら東京ロゴファクトリーまで気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

ロゴ制作依頼の前に考えておくべき5項目

ロゴデザインの制作依頼の前に考えておくべき事

企業のロゴやブランドのロゴというモノはそうコロコロと変わるモノではありません。なぜならば、ロゴがコロコロと変わってしまうと、その企業やブランドのイメージが顧客に定着しなくなってしまうからです。逆に、ロゴのイメージというモノは、顧客に対して定着させる必要があり、理想としては、ロゴを見た瞬間に、その企業のイメージやサービスが思い浮かぶようなブランディング戦略がロゴの役割となります。そんな重要なロゴのデザインの制作依頼をする際に、適当に発注してしまえば、適当なロゴが出来上がってしまうのは言うまでもありません。

本記事では、ロゴデザインを発注する前に、しっかりと検討しておくべきことをお伝えさせていただければと思います。

社名・サービス名の理由は?

今回、ロゴにしたいと思われているのは、会社のロゴやサービス(ブランド)のロゴだと思います。それぞれ会社には社名があり、サービスやブランドにはサービス名やブランド名があります。
会社やサービス(ブランド)を何よりも言い表しているのが、会社名やサービス名(ブランド名)かと思います。名前を考えている時というのは非常に長い時間をかけて決めたものでは無いでしょうか?
または、名前を決める事自体にはそれほど時間はかかっていないものの、その名前には、その会社やサービスを言い表すのに「それしかない!」と思える何かがあってこそなのではないでしょうか?

そういう、どうして、会社名、ブランド名をその名前にしたのかを改めて振り返っておくと良いかと思います。

だから、こんなイメージにしてほしい、というところまで考える必要はありません。その名前の由来や想いをしっかりとデザイナーに伝えることができれば、デザイナーがしっかりと汲み取って、デザインとして可視化してくれるはずです。

そのロゴは誰に見られるか?

ロゴはブランディングツールの1つです。そのためブランディング戦略をしっかりと考えていく必要があります。ブランディングを行う上で重要なのがターゲットの明確化です。

そのロゴの会社やサービスは誰に向けられたものなのかをしっかりと認識しておく必要があります。誰に向けられたブランディングなのかによって、ロゴのイメージも変えていく必要があります。

若い女性に向けられたものなら、暗くてシックなイメージは合わない可能性があります。高齢の男性がターゲットなのであれば、ポップな可愛いデザインはマッチしない可能性があります。

このように、ターゲットの性別や年齢層、所得や地域など、具体的な情報をまとめておくと、その情報を元にロゴデザイナーは最適なロゴを制作してくれるはずです。

会社やサービスの将来像

社名やサービス名と重複する部分もあるかもしれませんが、その会社やサービスの現状だけではなく、今後、どのような展開を検討しているのかまでロゴデザイナーに伝えることができると、より長い期間有効的に使用できるロゴデザインが出来上がります。

例えば、現状ではマッサージ店を経営する会社かもしれないけど、今後の発展としてはトレーニングジムやサプリメント販売なども検討しているということであれば、ロゴがマッサージしかイメージさせないモノになってしまっていると、トレーニングジムを出店し始めても、会社のロゴを見た人はトレーニングジムも経営している会社だとは認識しづらくなってしまい、ロゴのイメージがビジネスの足かせになってしまいます。そうなるとロゴを改めて作り直さなければならなくなってしまうので、せっかく顧客に定着してきたロゴのイメージが変わってしまい、改めて定着し直すのに時間がかかってしまいます。

とは言え、先の事はわからいことも多いかと思います。曖昧な部分は、未確定である事をデザイナーにしっかりと伝えるのも良いかと思います。

優秀なデザイナーであれば、そういった部分も踏まえた上でのデザインを作り上げてくれるはずです。

ロゴの予算ではなく全体予算

ロゴの予算というのは、なかなか捻出しづらいものです。ロゴを制作しなければならないタイミングというのは、他にも色々と制作しなければならないものが多く、あまりロゴに予算を割けないと考える人も少なくありません。

しかし、ロゴの予算と割り切ってしまうと、どうしても良いロゴは作れなくなってしまいます。

そこで、全体の予算のバランスからロゴに振り分ける予算が適正なのかどうかを再度検討してみてください。

なお、ロゴの制作費の相場に関してはコチラをご参照ください。

ビジネス目的のロゴ制作の相場としては、15万円~となります。それを下回ると品質が大きく下がる可能性があるので注意が必要となってしまいます。

例えば、ロゴと合わせてサイトも作成する必要がある場合、サイト側の作り方を低価格に抑えるという手段もあります。

以下のようなサイト制作のサービスであれば、分割払いも可能なので、月額2万円でホームページを制作するコトも可能となります。

あまり、ロゴの予算を最後に回してしまい、予算不足で曖昧なロゴを作らないように注意する必要があります。

発注先の適正

ロゴのデザイン発注の多くは、チラシやパンフレットのデザインと合わせてロゴのデザインも制作してもらったり、ホームページのデザインをしてもらうついでにロゴ制作をしてもらうというケースが多いのですが、その発注の仕方、とても危険です。

世の中の多くのデザイナーは、実はロゴデザインを苦手としています。
デザイナーであれば、何でもデザインできてしまうように思えますが、実際は、それぞれの得意分野というものがあり、その中でもっとも得意としている人が少ないのがロゴデザインです。
ロゴデザインは小さくて簡単なように見えるのですが、小さくてシンプルであるが故に難しいデザインなのです。

例えば、自社のサービス資料を作るのに、たくさんのカラーが使えて、自由に書ける方が表現しやすいと思います。
しかし、黒1色で、限られたスペースの中でサービスを伝える資料を作ろうとすれば非常に難しいと感じるかと思います。ロゴとは正しくそういうモノなのです。

それでも、デザイナーというモノはお願いされれば頑張って作ろうとしてしまうものなのです。

もちろん、デザイナーにまとめて作ってもらえるのであれば、まとめて作る分、安くしてもうこともできるかもしれません。
但し、そういった、ついでに作られたロゴデザインでは、何も伝わらなくなってしまう可能性が高いのです。

 

東京ロゴファクトリーは、ロゴ専門デザイナーが10万円~というお手頃価格で、品質の高いロゴデザインを制作させていただきます。

しかも、ヒアリング時にお持ちするラフデザインは無料で制作させていただきます。ヒアリング時に発注されなければ、一切のお支払いは不要です。

是非、気軽にご相談ください。

ご相談はこちらから

最大3万円割引キャンペーン実施中!※先着30社限定

全ロゴ制作プランから1万円の割引キャンペーン

東京ロゴファクトリーではお客様としっかりとご相談させていただきながらロゴを制作させていただいております。
だからこそお客様の声を何よりも大事にし、よりお客様にご満足いただけるサービスをご提供できるように成長していきたいと考えております。
そこで、先着30社限定となりますが、ロゴ制作完了時に、お客様より、ロゴ制作における感想をいただくことで
ロゴの制作費用を最大3万円引きとさせていただくキャンペーンを実施させていただきます。

キャンペーンは全プラン対象となりますが、プランによって割引金額が異なるためご注意ください。

対象制作プランと割引金額

制作プラン ロゴの種類 種類の詳細はこちら
ロゴタイプ シンボルロゴ ロゴマーク
ライトプラン 1万円引き 1万円引き 1万円引き
スタンダードプラン 1万5千円引き 1万5千円引き 2万円引き
デラックスプラン - - 3万円引き

制作プランに関してはこちらをご参照ください

ご注意事項

  • 先着30社までとなっており30社に到達した時点でキャンペーンを終了します。キャンペーン掲載中でもキャンペーンが終了している場合もあります予めご了承ください。
  • 先着は納品順ではなく、ご発注順となります。但し、ご発注から納品までの期間が3か月を越える場合は、対象外となる場合があります。
  • オプションプランを付帯しても割引金額が上がることはありません。
  • お客様からの感想は納品後~お支払までの間にメールにてご送付いただきます。
  • 当キャンペーンの対象は、制作させていただいたロゴとお客様の企業名、感想を当サイトで掲載しても良い場合のみとなります。
  • その他の割引との併用はできません。

まずは気軽にロゴに関してご相談ください。

制作について相談する

なぜビジネスには本格的なロゴデザインが必要なのか?

なぜビジネスには本格的なロゴデザインが必要なのか?

理由 1

質の低いロゴは顧客からの信用も低い

ロゴ品質比較

こちらの2つのロゴデザインを見た時に社会的な信用の高いロゴはどちらだと思いますか?
実は、このロゴは2つとも有料で作成されたロゴです。上は、とある有料サービスのサイトで作成されたロゴで、下は当社のロゴデザイナーがデザインしたロゴです。両方とも有料であるにも関わらず、こんなにも見た目は変わってしまいます。企業にとってロゴデザインは、その企業の品質として見られてしまうことがあります。そのロゴが素人っぽいロゴであった場合、どう思うでしょうか?もしかすると、ロゴデザインの品質なんて気にしないと思うかもしれません。しかし、ロゴデザインでその企業の質を定めてしまう人も一定数いることは事実です。
せっかく素晴らしい商品やサービスを提供しているのにも関わらうず、ロゴを見て、品質が低いと思われるのは損だと思いませんか?

詳細はこちら

理由 2

ロゴは後から変更すると膨大に費用がかかる

名刺や封筒に印刷されたロゴ

ビジネスにおけるロゴというものは様々なところで使用されます。ビジネスが成功していけば、その影響範囲は更に広まります。最初は名刺にしか入れていなかったものも、ウェブサイトに入れ、請求書提案書などのドキュメントに入れ、封筒に入れ、オフィスのプレート看板になったり、影響範囲は多岐になります。
ロゴを検討される方で、多いのが、最初のウチはロゴはそんなにしっかりと作らなくても良いんじゃないか?と言う方もいますが、それは大きな間違いです。
上記でもお話している通り、ロゴの影響範囲は多岐に渡るため、いざ変更しようとすると、作り直しや刷り直しなどの大きなコストが発生してしまうのです。これは企業の転換期でリブランディングするのであれば致し方ないことかとは思います。ただ、そうでもないにも関わらず、ロゴを変更するにはコストが掛かってしまいますし、コストが掛かってしまうから、いい加減なロゴのまま企業を成長させていくというのもどうでしょうか?
後から変更がしにくいことがわかっているのであれば、できる限り、変更しなくて良い、しっかりとしたロゴデザインを制作しておくことが何よりもコストを抑えることに繋がるのです。

理由 3

ビジネスロゴには”意味”があり、それがブランドになる

ロゴデザインの意味付け

ビジネスにおいてブランディングは非常に重要な項目になります。ロゴとはその企業を表すブランドの看板となるのです。
有名企業を思い浮かべてください。企業名とともにロゴマークが思い浮かぶのではないでしょうか?そのロゴからその会社の考え方や事業をイメージする人も多いと思います。ロゴはそういった訴求力を持っています。それにも関わらず、そういった重要なロゴをいい加減に作ってしまって良いのでしょうか?いい加減に作られたロゴで、社員やスタッフがついてくるでしょうか?ロゴにしっかりと企業のブランドイメージを反映させるからこそ取引先や消費者に対して、事業に対する想いや考えが伝わり、ブランド化していくのです。ビジネスロゴとはそういう価値を組み込まれたものを言います。安上がりに簡単に作られたロゴにはその部分が欠如しているため「なんとなくカッコイイ」で終えてしまうのです。

1 2 3 4