ロゴ専門デザイナーが制作するビジネス向けロゴデザイン
ロゴ専門デザイナーのロゴ制作サービス

ロゴ制作の流れ

Step.1 まずは気軽にお問い合わせください

まずは気軽にお問い合わせください。まだお悩み中の方でも問題ございません。東京ロゴファクトリーはお客様と共にロゴをデザインしていきます。お客様の中で考えがしっかりと固まっていない場合であっても、ロゴとはどうあるべきなのかを含めてサポートしながら制作を進めさせていただきます。

ご依頼・ご相談フォームはこちら

Step.3 ヒアリング用ラフデザイン案をもちいたヒアリング

ロゴデザインのヒアリング

当社では、お客様と対面でヒアリングさせていただく事を大事にしておりますが、遠方であったり、どうしても都合がつかない場合はお電話でのヒアリングも可能です。

東京近郊であれば、基本的にはお客様のご指定の場所に合わせて伺わせていただきます。
まだ会社が準備中であったり、社内に会議室などがないような場合は、近隣のカフェや、当社の会議室を利用することも可能です。

東京ロゴファクトリーでは基本として、ヒアリング時にヒアリング用のラフ案をお持ちします。
しかも、ヒアリング用のラフ案は無料です。ヒアリング用のラフ案を見ながらお話を詰めてみて、発注したくないと思えば、ご発注いただかなくて問題ございません。
このような発注前にデザインをご提示できるのは東京ロゴファクトリーのみです。
何もないところから、ただお客様のお話を聞いているだけでは、デザインのイメージをしにくいお客様にとっては、どんなものが出来上がるのか不安でしょうがないことだと思います。
だからこそ、東京ロゴファクトリーでは、お客様とイメージを共有しやすくするために、無償でヒアリング用のラフデザインをお持ちし、そのラフデザインを見ていただいた上で、お客様の考えているロゴのイメージとどのくらいマッチしているか、マッチしていない場合に、どういう要素が欠けているのかなどを具体的のお話することが可能になるのです。

Step.4 ヒアリングを踏まえた上で、制作プランの決定・ご発注

お客様はここで初めてご発注の意志を固めていただきます。ヒアリングを踏まえた上で、ご発注いただかない場合は費用は一切かかりません。
ヒアリングの内容を踏まえた上で、制作プランをご検討いただきます。制作プランによって、ラフ案の提案数が変わりますので、ヒアリング時に作ってほしいものが固まった方はライトプランで問題ないかと思いますし、さらにもう数案見てみたいという場合はスタンダードプラン、ロゴレギュレーションも欲しいという場合はデラックスプランをご選択いただければと思います。

制作プランについてはこちら

Step.5 ヒアリングを踏まえた上で再度ラフ案制作

ロゴデザインラフ案

ご発注後、ヒアリングに基づいて、改めてラフ案を作成させていただきます。
ヒアリング時にヒアリング用のラフ案である程度話が詰め切れている場合は実際にCG化したラフ案をご提示させていただく場合もあります。プランに合わせて複数案のご提示も可能となっております。

ラフ案の制作時は主にお客様にマッチしたロゴの可能性を探ります。ちょっとしたモチーフがロゴの印象を大きく左右することもあるので、ロゴ自体がどのような方向性にあるべきなのかを可視化して、お客様と共有しすり合わせていきます。

Step.6 デザイン起こし(CG化)

ラフスケッチをコンピュータグラフィック化します。色付けなども行い、実際のロゴデザインを制作します。細かな色合いや、細かな形まで、お客様がご納得いくまで突き詰めていきます。修正なども一般的なロゴデザイン制作の場合は1回までだったり2回目以降は追加費用となることも多いのですが、東京ロゴファクトリーは特に修正回数の制限を設けてはおりません。但し、同じ修正の繰り返しや、方向性を見失った修正はお互いの時間をただ浪費するだけになってしまうため、お客様としっかりとお話させていただきながら正しい方向へ修正を行わせていただきます。

Step.7 データ納品

ロゴデザイン

完成後、ロゴデータを納品させていただきます。納品データは、aiまたはpng、pdfなどで納品可能です。その他のファイル形式もご相談に応じて対応させていただきます。

PDFにて右のような資料を合わせて送付させていただきます。ロゴの設計に対する考え方や、使用例なども合わせてご提示させていただくことで、お客様のロゴ品質をより実感してもらい対応終了とさせていただきます。